潮騒の街

気がついたら、シルバーウィークももう終わり。
そして、9月も残り1週間で終わり。
そう考えると、アツい、アツいって言っていたときが懐かしく感じます。

さて、せっかくのシルバーウィーク後半。
ふと思い立っての旅、第二弾。

海が見たいなぁと思い立って、行きついた先は銚子。

香ばしい薫り漂う街中を歩き*、
ローカル線に揺られ、潮風を感じつつ、向かうは犬吠崎。

*銚子は醤油の街。ヤマサやヒゲタといった工場があり、
 どこからともなく、煎餅のような香ばしい薫りが漂ってきます。

やっぱり、海はいいっすなぁ。
見ているだけで、落ち着きます。

ただ、思った以上にハードでした。。。
片道、新宿から3時間半。
電車に乗っている以外はほぼ歩き通し。

旅の最後に寄った温泉で癒されるも、今日一日中、筋肉痛・・・(--;

DSC_0084.jpg

犬吠崎の南西にある屏風ヶ浦付近の日没の風景。
静寂に包まれるこの瞬間が一番好きです。
夕日の美しさは万国共通ですね。
スポンサーサイト

あの日の空

先日の台風は関東直撃で、暴風がすさまじかったっすね。
交通網もマヒ。たいへんなことになった方も多かったのでは?
ちなみに、ぼくはたまたまその日は仕事が立て込んでいて、
11時すぎに会社を出たのですが、
まったくもって何事もなかったかのように帰れました。
うーん、うれしいような、うれしくないような。。。

DSC_0049 (2)

台風のあとはこんな青空を期待したいところですが、
なかなかそうはいきませんねぇ。

急に涼しくなり、一気に秋の装いになりつつ・・・。
こうなると夏が恋しくなりますね。

今年の夏を振り返る今日この頃。
南国の空が懐かしい。

休日の昼下がり

事前の予想に反して、今週末はよい天気。暑いのは余計だけど・・・。
この暑さも今週まで(?)らしいので、頑張って乗り切ろう!

こういう天気のいい日は当てもなくドライブなんっつうのもいいっすよね~。

DSC_0174.jpg

陰に隠れて

DSC_0107.jpg

カクレクマノミの赤ちゃん。
休み知らずに隠れよう隠れようと動きまわってました。
なかなかシャッターチャンスが合わず苦戦(汗)

でも、メチャクチャ小さくてカワイイ♪

緑色の半透明のイソギンチャクにいるっていうのもかわいさを引き立てています。

最近、バックロールエントリーの夢をみます。
行けていないがための禁断症状???

肌で感じる癒し

うーん、また間が空いてしまった。。。

おはよーございます。
東京は昨日の夜から変な天気が続いてますなぁ。
でも、きっとこれが過ぎると本格的な秋到来となるんだろうな。

さて、MY山ブームということで、ふと思い立って蔵王に行ってみました。
蔵王といえばスキー、今の時期は多くの店は閉まり麓の町は閑散としてましたが、
まぁ、そんな感じも味があって、いいっすよね。

蔵王の一角にある「お釜」。
荒涼とした大地に突然現れる湖は感動もんでした。
標高が高いせいか、霧が立ち込めており、合間、合間に見られるこの湖はかなり幻想的。

DSC_0020.jpg

都会の喧騒を離れ、自然を肌で感じるって、癒されるなぁ~。

共演!

バラクーダとイワシの共演。

DSC_0043_1.jpg

あー、あの渦の中に入りたい。。。


山への転向?

ちと、間が空いてしまいました。。。

実は先週、富士山行ってました。初登頂です!!!

そろそろ、海から山への転向も視野にと(笑)挑んでみたわけですが、
ハードでした。。。甘く見すぎでした。
ご来光目指し、夕方6時半より登頂開始。
7合目まではいたって順調。その後は・・・、死ぬかと思いました。
20~30メートルごとに休憩しないとやってられません。
前日の飲み会を後悔する始末。

そんなんだから、頂上からのご来光にも間に合わず、9合目付近からの日の出です。

DSC_0042.jpg

結局、太陽は拝めませんでしたが、雲の影で逆に幻想的でした。

いやー、しかし、混んでますね~。
みなさん、バイタリティある。特に山ガール!もう感服です。。。

登頂渋滞が半端ないです。
深夜の登山道がライトの明かりのおかげで、闇夜に一筋の光が続いてました。
最後の9合目から頂上まで(約200m)は全く進まず、30分以上掛っての登頂。
体力も消耗していたので、ちょうどよかったですけどね。

達成感?
知りたければ、どうぞ行ってみて下さい!

ちなみに、この写真がぼくが富士山山頂付近から撮る最後の写真となるでしょう(^^ゞ
プロフィール

BluechipOcean

Author:BluechipOcean
海とカメラとビールがあれば。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

【Raycrew Web】